忍者ブログ
あの風のようにやわらかく生きる君が初めて逢った時から誰れよりも好きだった...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


全てが嫌になるまで歩いてきた道を
ふりかえって見ることはないさ

ただそれぞれの想いを抱えて
足元をたしかめて歩いていけばいい

時の流れはいつも 哀しいけれど
ここまで歩いて来たのは君だから

誰もが分からなくてもいいさ
最後に笑っているのはきっと君

何も見えなくて哀しくなる未来を
背伸びして見ることはないさ

ただそれぞれの道をゆっくり歩いて
自分の小さな物語を作っていこう

目の前の壁はとても高いけれど
君ならきっと乗り越えて行けるから

涙を流したっていいさ
最後に笑っているのはきっと君

僕は君と最後にピースをして笑いたい

PR
無題
忘れたいわ
どうせ無理やろうけど
2009/03/10(Tue)19:23:14 編集
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
現在の閲覧者
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[09/30 NONAME]
[09/17 ゆーすけ]
[09/17 ゆーすけ]
[03/10 峰]
[03/01 We]
プロフィール
HN:
TimE
年齢:
24
性別:
男性
誕生日:
1994/02/06
職業:
学生
趣味:
音楽鑑賞
カウンター

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]